« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

11月刊「寺嫁さんのおもてなし五」発売

 

321907000642

イラスト 加々見絵里先生 富士見L文庫(KADOKAWA)

お試し読みもできます → 公式サイト

寺嫁さんシリーズ5巻です。

今回は、二人の関係がけっこう進展すると思うので、よかったらお手にとって、にやにやしてくださいね。

ゲストキャラは何人かいますが、今回、担当さんにも下読みを手伝ってくれているアシスタントの友人も、80代の透明感のあるお坊さんが人気でした。私も気に入っています。

内容は、いつも好きに書かせていただいていますが……今回もそんな感じです。

今回は記念すべき101冊目の本。

少しでも楽しんでいただけますように🙏

 

🌷

 

10月刊とこちら、ほぼ交互にいろんな作業を同時にやっていましたが、10月刊、初速が好調らしいので、こちらもそうなってくれたら嬉しいです。

9月発売の雑誌、10月刊、この本と、意識的に、少しずつですが、文章の表現の面でこういう感じにしたいという目標を作って挑戦しています。読み手の方からすれば、そんなに大きな変化はないと思うのですが……9月の雑誌や10月刊あてにいただいた感想を見ていると、意識的に挑戦したところが伝わっている手応えを感じ、間違っていなかった……とホッとしています。
ただ、まだ挑戦の過程中の未熟さも見え隠れしている感じもして……もっともっと頑張ろうという気持ちになっています。
今回もそうした部分が少しでも作品を楽しんでいただける元になっていたら何よりです。

🌹

作中に出てくるお寺とは違いますが……京都なので、よくお寺で取材しています

3b54f0543cce41e8af6484675047ac27

夏の朝日

Img_5877

作中に出てくる御詠歌の本。

お試しに、ある流派で習ってみました。

最終的に大会で二曲披露してしまいましたよ😅

けっこう楽しいです💕

Img_7094

 

 

私事ですが、夏、とてもとても大変な感じで、この本、本当に11月に出せるのかどうか、いつになくギリギリの感じでした。

担当さんをはじめ、編集部・出版社の皆様方のご尽力があって無事に刊行に至り、本当に本当に心からの感謝の気持ちを抱いております。

ありがとうございました。

 

🐕🐶🐕

その理由や細かな思い出、感情を綴ると涙が止まらなくなってしまう……というのもありますが、

そうした自身の感情や言葉をストレートに表に出すのがとても苦手なので、

いつか小説の表現という感じで別の形に転化させ、自分の外に自然な形で出せるようになるまで、大切に大切に内側で抱えていくことにします。

ただこの本を手にしたときは、「挫折しなくてよかった、空くん、若ちゃん、これまで本当にありがとう」という、切ない喜びと優しい哀しみが胸の中を去来していました。

 

コミケ参加します

12月28日
コミケに参加します。

「華藤えれなOFFICE」 というサークル名


100冊記念本作りたかったのですが……まだ未定。

まだまだ傷心で。

「身代わりアルファと奇跡の子」の番外編は検討しています。

| コメント (0)

私の大好きなワンコ

 

1wan

私が愛してやまないワンコの空くんが10月18日に永眠しました。

15歳半、寿命でした。

上の写真の左側の子が空くん。

右側が母が担当の闘病中の若ちゃん。

空くん、私と一緒に寝床に入っていて腕の中で眠ったまま……。

私の仕事の締め切りが終わったその夜に具合が悪くなり、

急激に弱ってきたので覚悟はしていました。

空くんを抱っこして、大好きなお散歩の場所を毎日少しずつ歩いて、

いろんな思い出話をして、

何度も何度もいっぱいいっぱいありがとうと伝え、

毎日とっても楽しかったねという話をして、

それでも少し元気になってきたのでまた元気になってくれるかなと

期待していたのですが……。

18日の朝、一緒に寝ているとき、いつもよりも可愛い顔をしていたので、

あまりに可愛くて、写真を撮ろうかなと思ったら、

息をしていませんでした。

写真を撮りたいと思ったその瞬間に旅立ったようです。

本当に可愛い顔をして永眠しました。

Img_2831

Img_2840

生まれたとき。

Wan0-243

Wanwan-075

080410_200703

080410_200702

Img_3950

Image196

観音様の日に亡くなったので、延命十句観音経を書写して棺に入れました。

Image_20191101094801

私の部屋にいつもきていた末っ子のなっちゃんと、

長男の空くん。

Img_12701

↓左端は時々遊びにくる二番目に生まれたみやこちゃん。

三番目のワカちゃん以外のこの3匹は仲良しでした

みやこちゃん なつきちゃん 空くん

 

Img_1268

 

他の子達も仲良しですが、空くんは、不思議なほど相性が良くて、

ちょっと私には特別なワンコでした。

家族、友人、獣医さん、ご近所でも有名なほど私と仲良しで、

あまりに仲良しすぎて、気持ち悪いくらいなので、ツイッター等々で

殆ど書いてませんでしたが。

空くんの葬儀の夜、親友と電話で話をしました。

親友も昨年末、愛してやまない文鳥を亡くしたのですが、

彼女に言われました。

「あなたはね、自分がどれほど空くんのことを大好きだったか

はわかっていると思うけど、どれほど空くんから愛されていたか

はまだわかっていないと思う。この後、きっとたくさんの驚く

ような出来事、奇跡のような出来事が立て続けに起こると思う。

それは空くんからのプレゼントだから気づいてあげてね」

と。

それから、ギリギリまで行くのを悩んでいたスケートカナダに

行ってこいとも。

 

実際、その後、ちょっとびっくりするようなことが起きています。

不思議なことは殆ど信じていない私ですが……奇跡的なことが

いろいろと。

空くんからのギフトなのかなと思って感謝していますが、

それでもそばにいて欲しかったです。

Img_0121

Img_0093

Img_0096

Img_0109

Img_0116

Img_0121

 

Img_2926

Img_0207

Img_0201

Wankoo

Pen3-004a

Img_0271

Img_7761

外で遊ぶのが大好きでした。

お散歩も、窓からお外を眺めるのも。

 

Img_7696

この写真は、旅立つ二日前の空くん。

😢

ヨレヨレした老犬になってからの空くんが今となっては一番愛しい。

空くんは臨済宗で送りました。

「空」という言葉との不思議なご縁を感じつつ。

49日まではそばにいてくれるみたいなので、

今も彼がいるような生活をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »