こちらは華藤えれなの公式ブログです

 

【近刊予定

【twitter

【作品ガイド】

【闘牛のページ

 

華藤 えれな ELENA KATOH

■サイト名  Elena Katoh Web oficial

■URL       http://www.elenakatoh.com/



2017年仕事リスト 随時更新

2017年予定 随時更新
◆1/10
文庫「甘い夜伽 愛の織り姫」イラスト 小椋ムク先生
 ディアプラス文庫 新書館
■2/7
文庫「獣王の貢ぎ嫁」イラスト 北沢きょう先生
 ビープリンス文庫 アスキーメディアワークス
■3/24
文庫「人魚姫の真珠〜海に誓う婚礼」イラスト 北沢きょう先生
 キャラ文庫 徳間書店
■4/23
文庫「黒豹王とツガイの蜜月」イラスト 黒田屑先生
 ダリア文庫 フロンティアワークス
■5/10
新書「死神狼の求婚譚〜愛しすぎる新婚の日々」 イラスト yoco先生
 クロスノベルス 笠倉出版社
clover
◆5/22
雑誌 小説キャラvol36
タイトル、詳細は発売が近くなりましたら
cherryblossom
◆Coming soon..

雑誌「死神のパソドブレ~闘牛士Sへのオマージュ」

夏頃文庫予定

ribbon

◆イベント参加予定

秋か冬

--------------------------------------------------------------

リクエストがありましたので、一月から五月までの5冊と

雑誌分も含めてちょっと対比してみましたheart

作品対比

(カップリング、舞台、エロ度、地雷度、キーワード、私的こだわりポイント)

1月刊「甘い夜伽 愛の織り姫」

元職人のスパダリ風の一途な健気攻

            ×西陣織職人の健気薄幸受。

舞台:京都。

エロ:普通。

地雷:少なめ。

キーワード:和服、西陣織、京都の因習、誤解、すれ違い、京言葉。

私的ポイント:受の稚児姿。京都の美味しいもの。

2月刊「獣王の蜜ぎ嫁」

元貴族にして冥界の獅子王で超健気攻

          ×ケーキ作りが得意な健気薄幸受

舞台:アイルランドの湖水地方。

エロ:普通。

地雷:少なめ。受が数行だけ痛いめに。

キーワード:メルヘン風味。妖精の島。呪い。ふわふわな雰囲気。

私的ポイント:スペイン無敵艦隊の亡霊の出てくる中世晩餐会。

3月刊

「人魚姫の真珠~海に誓う婚礼」

アイルランド貴族で気立てのいいスパダリ攻

       ×超薄幸の人魚の子孫の真珠採りの少年受

舞台:アイルランドの海と島。

エロ:普通。

地雷:有。モ

キーワード:人魚姫をモチーフにした御伽話風。ちょっと痛い系。

私的ポイント:攻が婿になる。餌付け

4月刊

「黒豹王のツガイの蜜月~ハーレムの花嫁」

黒豹になれるアラブ風の王さま年下のデレ男攻

        ×理想に生きる生真面目な美人医師

舞台:北アフリカ+モロッコ風異世界。

エロ:多め(私の中では)。

地雷:なし。攻がちょっとご無体な感じで、盛っていますが。

キーワード:誤解、すれ違い。執着。獣とのイチャイチャ

私的ポイント:哺乳瓶でミルクを飲まされる攻。バクラヴァ。

5月刊

「死神狼の求婚譚~愛しすぎる新婚の日々」

死神と契約した狼王子・不思議系の健気デレ男攻

         ×優しくて繊細な日本人美人獣医師

舞台:チェコのプラハ

エロ:普通。初々しいです

地雷:なし。

キーワード:不思議系の純愛。天才。死神。メルヘン。かわいい。

私的ポイント:ひたすら攻がデレています。三つ子の狼の赤ちゃん。

5月雑誌「小説キャラ」

「白虎王の蜜月婚」

イラスト 高緒拾先生

舞台とキーワード以外の詳細は発売前に。

今回は挑戦系ではなく、地雷なしの王道切ない系ロマンスに

なっています。

舞台:モスクワとその周辺。

キーワード:もふもふ。ロシア正教。

死神狼の求婚譚〜愛しすぎる求婚の日々 発売されました

Ookami1a

「死神狼の求婚譚 愛しすぎる求婚の日々」

クロスノベルズ 笠倉出版社 イラスト yoco 先生
 
shine
公式サイトのお知らせページ → クロスノベルズblog
あらすじや試し読みはこちらからどうぞ 
 
shine
特典情報はこちら→ 笠倉出版社
SSは、アニメイト特典がちょっと困った攻のお話、書店特典が、お料理教室に通う攻のお話、小冊子は新居に二人で住むお話。いずれもネタバレしているのでご注意くださいね(o^^o)
それから発売記念に書泉グランデさんで、フェアやってくださっています。yoco先生の複製原画の展示、それからこれまでのペーパー等、いろいろとありますので、お近くにお越しの際はよかったらお立ち寄りくださいね。
 
 
shine
こちらからどうぞ → 書泉グランデさんのフェアページ
私もたまたま東京にいたので、担当様とのぞいてきましたよ。ご挨拶したあと、ポップにサインも書かせていただきました。こういうところにおうかがいするのは初めてなのでとても緊張しましたけれど。
そうそう、話しかけてくださるお客様もいらしてとても嬉しかったですshineshine 緊張のあまり挙動不審だったかもしれませんがsweat01
そして、書店の担当の方が書いてくださったポップがとても素敵で、本当に感動しましたよ。心から感謝ですheart04
許可いただきましたので、少しフェアの写真を。私以外のところは、念のため、モザイク入れておきました。
Image21_2
 
Fullsizerender_2
Image12
 
Image2_2

Image11_2

 









■狼のお話、3冊目になりますが、こちらから読んでいただいても大丈夫な感じになっています。勿論、1冊目から読んでいただいてもOKです。今回は、健気で一途な狼王子の攻、ラディクが頑張るのがメインのお話です。あまり事件性もなく、とにかくラディクの愛を中心にお話が進んでいくと思いますので、一緒に彼の愛を応援していただけましたら嬉しいです。個人的にとても気に入っているキャラなので、六月くらいになったら、SSでもアップしたいなーと思います。
 
crown
五月は、このあとキャラさんの雑誌に新作が乗ります。こちらは、一見、聖人のような訳あり攻と、男前受のロシアが舞台のお話です。また近くなったらおしらせしますね。

4月刊「黒豹王とツガイの蜜月〜ハーレムの花嫁」発売されました

Kurohyo_2

「黒豹王とツガイの蜜月~ハーレムの花嫁」ダリア文庫

イラスト 黒田屑先生

あらすじ、お試し読みはこちらから⇨ 公式サイト

黒田先生のとっても色っぽい二人が目印です。よかったらお手にとってくださいねー。溺愛執着攻と美人受のお話で、ハッピーエンドになっていますので、少しでも楽しんでいただけましたら嬉しいです。

お話の舞台は、北アフリカのどこかということで、モロッコ、エジプト南部、ソマリア、エチオピアあたりをイメージしております。シャレードさんの黒豹のお話とは、レーベルが違うのでリンクしていませんが、世界観等は、同じ作者なので、混乱される方もいらっしゃるかもしれないと思い、担当様方と相談し、わざと似せている部分もあります。

三月刊が好き嫌いのはっきり分かれそうな話だったので、こちらはそうではない雰囲気を目指しました。

あ、でも三月刊、全国的に良い結果だったみたいで、とってもホッとしています。ありがとうございます💞

一方、四月刊は、私の人獣ものの王道路線、いつも通りという感じを目指したので、初めましての方にもお手にとってもらえやすい反面、痛くて切ないのがお好きな方にはちょっと物足りないかも。

でも春なので、季節にあったお話になったのではないかなーと思っています。よかったら、GWのお供にでもしてやってくださいませ🙇‍♀️

あ、5月刊、とある書店の予約サイトで予定数を超えたみたいで、追加されることになったと連絡を受けました。本当にありがとうございます。

5月刊、ものすごく思い入れがあるので楽しんでいただけることを祈るばかり。そうでなかったらどうしようと怖くて、今から動悸が激しくなることがしばしば😅💦

どの本も書いている時は本当に一生懸命で、少しでも楽しく思っていただきたいという思いで書いていますが、こちらが思っていた以上に楽しんでいただくこともあれば、こちらが思っていたのとは反対にあまり好いていただけなかったようなお話もあったりという感じで、新刊がでるときはいつも本当に緊張でドキドキです。四月刊の黒豹のアシュも、五月刊の狼のラティクもとっても健気で一生懸命な攻たちなので、応援していただけましたら嬉しいです。どうかよろしくお願いします💓

3月刊「人魚姫の真珠〜海に誓う婚礼」

キャラ文庫、徳間書店さんから発売されています。

あらすじはこちらから
イラスト 北沢きょう先生
雑誌掲載作+書き下ろし。
アイルランド貴族のスパダリ攻と薄幸健気人魚の子孫受です。
文庫化されないであろう覚悟で好き勝手に書いた作品なので(^_^;)、
好き嫌いが分かれると思いますが、お好きな方もいらっしゃった
おかげで文庫になりました。ありがとうございます😍
雑誌のお話をいただいた時、前回のスケーターと今回のものは、
書き下ろしの単行本と違って、好き嫌い分かれても、アンケート
で結果がわかるからという気楽な気持ちで、自分としては挑戦す
る形の作品を書く感じになっていました。
人気がなかったら文庫にならないしという感じで。
それもあり、文庫化が決まると、いつも大丈夫だろうかと不安に
なるので、次回の雑誌からは、挑戦系はやめることにしました。
今回も多分地雷だろうと思う設定があるので、文庫化の時にそこを
変えた方がいいのか否か、ちょっと悩みましたが、あえてそのまま
にしました。
まあ、そんなわけで、好き嫌いが分かれると思いますが、一度書いて
見たかったテーマなので、好きそうだなと思われましたら、よかったら
どうぞよろしくお願いします。

«3月のJ庭御礼と新刊の通販について