こちらは華藤えれなの公式ブログです

 

 華藤 えれな ELENA KATOH

 

 ■サイト名  Elena Katoh Web oficial

 ■URL  http://www.elenakatoh.com/

 

   お仕事のご依頼はメールにて

  elenakatoh@gmail.com

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

 海外の写真のブログはこちら

    ⬇️

 ⛸スケート・バレエ・海外旅行写真

 

 🇪🇸スペイン・闘牛・闘牛の開催地周辺の海外旅行写真

 

 

4月刊 虎王の愛妻スイートハーレム

更新3/26

Koo

4月

10日発売予定
虎王の愛妻スイートハーレム 

〜幸せパエリアと秘密の赤ちゃん

 

イラスト 小山田あみ先生

クロスノベルス 笠倉出版社

 

amazon限定の他にも特典あります。また随時お知らせしていきますね。

 

もふもふありの、切ない系オメガバースです。

内容はこんな感じです

 

 ↓

 

スペイン、アンダルシア地方のグラナダが舞台。

オメガバースです。

グラナダ王国アルハンブラ宮殿がイメージ舞台のファンタジー。

かつてこの世の楽園と言われていた虎王のハーレム。

アルファであり、虎の化身でもある虎王セリムに

子供を捧げられるのは、つがいになったオメガだけ。

唯一の愛妻として、孤独なセリムと愛し合い、つがいになった

サシャ。

ようやく二人の間に赤ちゃんができたのだが、陰謀に巻き込まれ、

虎王と赤ちゃんのため、サシャは自らを犠牲にしてしまう。

それから数百年経ち、サシャを探し求めてきた虎王セリムは、

二人が愛し合った場所で、早紗という留学生と会って……。

 

 

そんなお話です。

 

---------------------------------------------

✨3/20追加

特典情報

amazon限定

コミコミスタジオ小冊子

 

✨3/26

↓ 詳細はこちら

公式サイト 

 

このご時世なので……欧州を舞台にしたお話、楽しく読んでいただけるか……実はめちゃくちゃ不安です。

全て忘れてファンタジーだと思って読んでいただけたら嬉しいです。

この本、公私にわたっていろんなことが立て続けにたくさんあって……二転三転、本当に本当に大変だったので、ここまで来られただけで私には奇跡のように思えて感無量です。

実は、このお話、そうした事情もあって、原案→プロット→初稿→改稿と、それぞれの間に半年以上ずつくらい時間が経ち、そのたび、私自身の内側が変化して、あわわわってなっていました。

長い間、同じことを内側に持ち続けられないタイプなので、その度、新作みたいな感じになって……本当に、自分の不器用さ、自分のダメさを実感してばかり。

そんなこんなでいろいろあった上に、最後の最後にまた。

2月初旬、クルーズ船の騒ぎがあり、実は作中にクルーズ船のシーンもあったのですが、ちょっとイメージが幸せな感じにならないかもと懸念し、そのシーンだけがんばって書き直したのですよね。

それなのに……ここにきて……舞台にした場所がスペインとは……。こちらはもともとの舞台なので変えるわけにもいかず、全て終わってからのことなのでもちろん発売に間に合わせず😢

😢

幸せな気持ちになるようなお話を目指して書いたので、ただただ楽しく読んでいただけることを願うばかりです。

 

あ、個人的お気に入りシーンは……

 

虎になった攻セリムをじゃぶじゃぶシャンプーしたがる受のサシャ

虎の背中に乗って、夜空をぴょーん

子供ちゃんに怖い顔のおっさん呼ばわりされるかわいそうな攻

 

……このあたりです。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

同人誌の通販だけに変更になりました。

すみません、急遽、同人誌、通販のみになりました。

春庭、夏コミ等々、しばらくイベントに参加しないことになったので、在庫なくなるまで、ご希望の方には通販しますので

どうぞよろしくお願いします。

----------------------------------------

通販について。

20201elenak_20200120170701

同人誌代 300円

送料   188円 クリックポスト

合計488円になります。

 

・申し込み期間は、1月20日以降です。

・通販のみになります。

・在庫がなくなり次第、通販終了になります。

・通販方法は、郵便振替のみの自家通販です。

・下記フォームにてお申し込みください。

・在庫を確保できるかどうか確認した上で、こちらから、振替先の口座番号を

お知らせします。

・在庫の確保ができなかった場合もお知らせします。

 

では、どうぞよろしくお願いします。

 

申し込みメールフォーム

 

本名、メールアドレス、

郵便番号、ご住所は必ずご記入ください。

通販の時、そのままお送りしますので、

送付希望のご住所を必ずご記入くださいね。

郵便番号はご住所を記入する時に、必ず

書いてください。よろしくお願いします。

職業、電話番号は必要ありません。

同人誌通販希望と、

お問い合わせの欄にご記入くださいね。

ツイッター名やHNもそちらにご記入ください。

よろしくお願いします✨

 

 

文学フリマ京都

1月19日

文学フリマ京都 場所・京都みやこめっせ 

スペース Freezia 「さ25」

尾上与一先生のスペースに一冊置かせていただきます。

尾上先生ありがとうございます。

 

といっても、あまり人が来ないという文学フリマ、

もともと人気のある先生方はともかく、

私の本のためにいらっしゃる方がいるのか疑問。

なので割り切って、こんな機会でもなければ、

多分作らないであろう本を作ろうと、

旅行記作りに挑戦してみました。

そして

作ったのは、下記の同人誌です。

小説ではありません。
2017ロシア旅をメインとした私のスケオタ記です。

 

20201elenak_20200113120201

P28/ 300円

イベント限定本。少部数のお試し本です。

小説のSSペーパー、欲しい方にはおつけします。

「シナプスの柩」SS

「身代わりアルファと奇跡の子」の番外編・愛理視点の掌編

こちらの旅行記はお遊び本ですが、

印刷代と今回の雑費はいただきますね。

よろしく……。

文学フリマには少部数持ち込み、それよりも数倍、多めにJ庭に持ち込む予定です。

通販予定はありません。

どうしてもとご希望の方には、J庭で余った場合に検討しますね。

 

尾上先生のスペースで売り子さん予定ですが、当日、いらっしゃる方で、私の他の本でご購入したいものがあるというお方は、先にご予約さえいただきましたら持ち込み、その場でお売りします。サインもします。
上記の旅行記以外は、ご予約いただいた本以外は持ち込みませんので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

2019年のお仕事

📗1月

・電子書籍化
「背徳の情花」リブレ出版 イラスト 梨とりこ先生 → Kindle
「弔いの古城」リブレ出版 イラスト キヅナツキ先生 → Kindle
 ・コミカライズ
「人魚姫の真珠」第8話
 キャラセレクション 漫画 北沢きょう先生
 
📘2月
・新書 クロスノベルス 
 「オメガの恋は秘密の子を抱きしめる 〜シナモンロールの記憶」
イラスト コウキ。先生 → Amazon  Kindle
 
・電子書籍化 
「禁じられたアルファの子 〜誓いのはちみつマドレーヌ」シャレード文庫
イラスト 八千代ハル先生 → Kindle
「縛めの回帰」リブレ出版
イラスト 幸村佳苗先生 → Kindle
 
📙3月
・同人誌
Elenaka201933a_2

「愛おしい夢を見ている」 

※通販分、コミコミスタジオさんの分は完売しましたが、コミコミさんやフロマージュさんの店舗には残っているかもしれませんのでお問い合わせしてみてください。 

・コミカライズ
「人魚姫の真珠」第9話 キャラセレクション 

漫画 北沢きょう先生

 

📕4月
・文庫 冨士見L文庫(KADOKAWA)
「寺嫁さんのおもてなし 4 あやかし和カフェで咲く花をあなたに贈ります」
 
イラスト 加々見絵里先生 Amazon 
 
📗5月
・文庫 ディアプラス文庫(新書館)
「愛されオメガの婚姻、そして運命の子」イラスト ミキライカ先生

📙7月

・新書 クロスノベルス(笠倉出版社)

「オメガの寵妃は甘い閨で孕む」 イラスト 石田惠美先生

ローマの剣闘士とオメガの王の物語。→ amazon限定

 

📕9月22日発売予定

・雑誌「小説ディアプラス」アキ号 

「猫と人狼と御曹司の幸せ子育て」 イラスト Dite先生

チェコの首都プラハやエルベ渓谷が舞台のメルヘン風もふもふ。

非オメガバース。

 

📘9月24日発売予定

・漫画「人魚姫の真珠」 作画 北沢きょう先生

アイルランドが舞台の切ない系メルヘン。コミカライズ(キャラコミックス@徳間書店)

 

📗10月24日発売予定

・文庫「身代わりアルファと奇跡の子〜赤い薔薇と苺シロップ」

イラスト 篁ふみ先生 (シャレード文庫@二見書房)

南仏が舞台のオメガバース。貴族の若様と子育て中のオメガ。

フランスを中心とした欧州のお菓子やハーブがいろいろ。

 

📕11月15日発売予定

・文庫「寺嫁さんのおもてなし五 あやかし和カフェで幸せご飯さがします」

イラスト 加々見絵里先生 富士見L文庫@KADOKAWA

寺嫁さんシリーズ第5弾。ミケーレが見えなくなってしまうお話。

テーマフラワーは、蓮と睡蓮。白山麓の温泉等々

 

 

 

🌹🍓🌹🍓coming soon....
北欧、東欧、南欧、北米が舞台のBL、京都が舞台の一般系進行中。

2019年ありがとうございました

2019books

2019年もお世話になりました。

お手にとってくださった皆様、美しい絵で彩ってくださったイラストレーターの皆様、素敵な漫画を描いてくださった北沢きょう先生、担当編集の皆様、デザイナー様、出版社、印刷会社、書店、取次の皆様方、本当にありがとうございました。

ありがたいことに昨年に続き、今年もBLとキャラ文で重版をかけていただき、またそれ以外の本もそれぞれ好調という連絡があり、とても恵まれた一年でした。少しでも楽しんでいただけていたのならそれに勝る喜びはありません。

本当にありがとうございました。

 

今年は私事で色々とあり、なかなか大変な一年でした。細かな事情を書くとキリがないので割愛しますが、タイミングが合わなくてイベントを二回欠席することになって申し訳ありませんでした。
私の家は私が子供の頃からの年季の入ったスケオタ一家で、スケートの放送日は母もお茶の間観戦するのでワンコを預けることが可能なのですが、それ以外はタイミングが合わないとなかなか大変で。
秋のJ庭は家の御用もあったのですが……愛犬の空くんが急に弱ってきたのでどうしても離れることができなかったのもあります。あの頃は空くんと過ごす一日一日一分一秒が本当に本当に大切でした。その空くんが旅立ったあと、追うようにずっと心臓の悪かった若ちゃんというワンコが旅立ちました。空くんも若ちゃんも本当に本当にとてつもなく愛しい存在だったので、まだ気持ちの整理ができていません。

 

🐶

 

お仕事の方は、私は情けないことにコツコツと真面目に執筆できないタイプで、気分が乗らないと本当に何もできないので、わりと緩めに、まったりスケジュールを入れるようにしているのですが……気がつけば、再来年もだいぶ埋まってきている感じで焦っています。

このご時世にご依頼をいただけていることに本当に感謝の気持ちを抱いています。
あ、来年は一般系も増えると思います。
お仕事の順番は、各社の出版スケジュールやイラストレーターさんの予定や諸事情から前後いろいろと変わりはするものの、私自身は、何も考えず、ご依頼いただいたまま、ポンポンと空いているところからスケジュールを埋めていっている感じです。

 

精神的には、自分の作品がどのように市場に受け入れられているのか、いつも不安と恐怖でいっぱいですが、目標はデビューした時からあまり変わらず、「読んでくださった方に少しでも楽しいと思っていただくこと」と「自分自身が書くことに喜びを感じながら作品作りをする」ということです。あと、少しでもお心に残る作品が書けるようになりたいです。

そしてそのための努力をどうしていくかが、いつも目の前の課題になっています。

 

💕

 

ありがたいことに今年はデビューしてから95〜101冊目の本を出すことができました。
200冊は夢のまた夢ではありますが、ここまで続けられたことに心からの感謝の気持ちを抱いています。と同時に、いつもいつも新しい気持ちを忘れずに来年はもっともっと進化して、少しでもいい本を出せるようにしていきたいという気持ちでいっぱいです。

今年は本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

どうか良いお年をおむかえくださいね。

 

華藤えれな

 

追記

コミケの代わりと言っては何ですが、1月19日の文学フリマ、尾上与一先生のスペースに私もおりますのでよかったら遊びにきてください。

1/19 京都みやこめっせ さー25 「Freezia」

 

 

 

 

-------------------------------

2019年のお気に入り

 

・舞台と闘牛

「エイフマンバレエ」「ブルゴスとソリアで見た闘牛」

 

・旅先

ヴェネツィア、アングラ・ド・エロイズモ、ヴェローナ、トリノ

 

・スケート

GPFが私にとっては最高でした。人生観が変わるほどの素晴らしい時間。魂まで浄化されたような毎日でした。

スケカナ、GPF、3月の世界選手権もよかったです。

 

・食べ物

トリノで食べたボロネーゼとキノコのリゾット

 

・映画

機内で見たいろいろ

 

1dsc00445

P1010123

Dsc08824

Tit12

 

Han1_fotor

 

Pen3-004ab

2007a

 

 

 

 

 

 

 

 

コミケについて

こんにちは。

年末のコミケ、申し込んでいたのですが……

親とスケジュール確認の行き違いがありまして、私がイタリアにいる間に、
どうしても外せない用を母が27日に入れてしまっていて……
イタリアから帰国して……絶句してしまいました。

翌日28日の日帰りも考えましたが、犬のことなどもあって
時間的に厳しく、今回、断念することにしました。
せっかくスペースをいただいたのに本当に申し訳ないです。


飛行機の中で完成間近まで仕上げた原稿は、春のイベントに回します。
北海道で書いた「シナプスの柩」のSSは、クリスマス&年末年始の
ごあいさつということで、イベントの場、または編集部宛にご感想を
くださった皆様にお送りいたします。

どうぞよろしくお願いします。

SSは、重複してしまいますが、ご希望者に
春のJ庭での配布も考えていますので、
どうぞよろしくお願いします。

この度は本当に申し訳ありませんでした。


それから年末に発表されている電子書籍各社のランキングに、
「禁じられたアルファの子 誓いのはちみつマドレーヌ」
「オメガの恋は秘密の子を抱きしめる シナモンロールの記憶」
がランクインしています。

このBL百選にも選ばれました。
読んでくださった皆様、投票してくださった皆様、
ありがとうございました。


またランキングには入っていませんが、
「愛されオメガの婚姻、そして運命の子」「オメガの寵妃は甘い閨で孕む」も
電子で好調だと耳にしています。
新刊の「身代わりアルファの子 赤い薔薇と苺シロップ」も書店で好調なようです。
寺嫁さんのシリーズも好調とのことでホッとしています。
本当にありがとうございました。


電子のランキング等々のお話を耳にすると、電子化の勢いを感じますね。
実は、新刊で電子で同時刊のものは電子で買ってしまうようになりました。
早く読みたいので、あとで電子化になる本や、続きものとして揃えているものは
書籍で買っていますし、新しい出会いを求めて書店に行くことも多いので、
まだまだ書籍で購入することも多いのですが。
それに写真の綺麗ものとかも。

11月刊「寺嫁さんのおもてなし五」発売

 

321907000642

イラスト 加々見絵里先生 富士見L文庫(KADOKAWA)

お試し読みもできます → 公式サイト

寺嫁さんシリーズ5巻です。

今回は、二人の関係がけっこう進展すると思うので、よかったらお手にとって、にやにやしてくださいね。

ゲストキャラは何人かいますが、今回、担当さんにも下読みを手伝ってくれているアシスタントの友人も、80代の透明感のあるお坊さんが人気でした。私も気に入っています。

内容は、いつも好きに書かせていただいていますが……今回もそんな感じです。

今回は記念すべき101冊目の本。

少しでも楽しんでいただけますように🙏

 

🌷

 

10月刊とこちら、ほぼ交互にいろんな作業を同時にやっていましたが、10月刊、初速が好調らしいので、こちらもそうなってくれたら嬉しいです。

9月発売の雑誌、10月刊、この本と、意識的に、少しずつですが、文章の表現の面でこういう感じにしたいという目標を作って挑戦しています。読み手の方からすれば、そんなに大きな変化はないと思うのですが……9月の雑誌や10月刊あてにいただいた感想を見ていると、意識的に挑戦したところが伝わっている手応えを感じ、間違っていなかった……とホッとしています。
ただ、まだ挑戦の過程中の未熟さも見え隠れしている感じもして……もっともっと頑張ろうという気持ちになっています。
今回もそうした部分が少しでも作品を楽しんでいただける元になっていたら何よりです。

🌹

作中に出てくるお寺とは違いますが……京都なので、よくお寺で取材しています

3b54f0543cce41e8af6484675047ac27

夏の朝日

Img_5877

作中に出てくる御詠歌の本。

お試しに、ある流派で習ってみました。

最終的に大会で二曲披露してしまいましたよ😅

けっこう楽しいです💕

Img_7094

 

 

私事ですが、夏、とてもとても大変な感じで、この本、本当に11月に出せるのかどうか、いつになくギリギリの感じでした。

担当さんをはじめ、編集部・出版社の皆様方のご尽力があって無事に刊行に至り、本当に本当に心からの感謝の気持ちを抱いております。

ありがとうございました。

 

🐕🐶🐕

その理由や細かな思い出、感情を綴ると涙が止まらなくなってしまう……というのもありますが、

そうした自身の感情や言葉をストレートに表に出すのがとても苦手なので、

いつか小説の表現という感じで別の形に転化させ、自分の外に自然な形で出せるようになるまで、大切に大切に内側で抱えていくことにします。

ただこの本を手にしたときは、「挫折しなくてよかった、空くん、若ちゃん、これまで本当にありがとう」という、切ない喜びと優しい哀しみが胸の中を去来していました。

 

コミケ参加します

12月28日
コミケに参加します。

「華藤えれなOFFICE」 というサークル名


100冊記念本作りたかったのですが……まだ未定。

まだまだ傷心で。

「身代わりアルファと奇跡の子」の番外編は検討しています。

| コメント (0)

私の大好きなワンコ

 

1wan

私が愛してやまないワンコの空くんが10月18日に永眠しました。

15歳半、寿命でした。

上の写真の左側の子が空くん。

右側が母が担当の闘病中の若ちゃん。

空くん、私と一緒に寝床に入っていて腕の中で眠ったまま……。

私の仕事の締め切りが終わったその夜に具合が悪くなり、

急激に弱ってきたので覚悟はしていました。

空くんを抱っこして、大好きなお散歩の場所を毎日少しずつ歩いて、

いろんな思い出話をして、

何度も何度もいっぱいいっぱいありがとうと伝え、

毎日とっても楽しかったねという話をして、

それでも少し元気になってきたのでまた元気になってくれるかなと

期待していたのですが……。

18日の朝、一緒に寝ているとき、いつもよりも可愛い顔をしていたので、

あまりに可愛くて、写真を撮ろうかなと思ったら、

息をしていませんでした。

写真を撮りたいと思ったその瞬間に旅立ったようです。

本当に可愛い顔をして永眠しました。

Img_2831

Img_2840

生まれたとき。

Wan0-243

Wanwan-075

080410_200703

080410_200702

Img_3950

Image196

観音様の日に亡くなったので、延命十句観音経を書写して棺に入れました。

Image_20191101094801

私の部屋にいつもきていた末っ子のなっちゃんと、

長男の空くん。

Img_12701

↓左端は時々遊びにくる二番目に生まれたみやこちゃん。

三番目のワカちゃん以外のこの3匹は仲良しでした

みやこちゃん なつきちゃん 空くん

 

Img_1268

 

他の子達も仲良しですが、空くんは、不思議なほど相性が良くて、

ちょっと私には特別なワンコでした。

家族、友人、獣医さん、ご近所でも有名なほど私と仲良しで、

あまりに仲良しすぎて、気持ち悪いくらいなので、ツイッター等々で

殆ど書いてませんでしたが。

空くんの葬儀の夜、親友と電話で話をしました。

親友も昨年末、愛してやまない文鳥を亡くしたのですが、

彼女に言われました。

「あなたはね、自分がどれほど空くんのことを大好きだったか

はわかっていると思うけど、どれほど空くんから愛されていたか

はまだわかっていないと思う。この後、きっとたくさんの驚く

ような出来事、奇跡のような出来事が立て続けに起こると思う。

それは空くんからのプレゼントだから気づいてあげてね」

と。

それから、ギリギリまで行くのを悩んでいたスケートカナダに

行ってこいとも。

 

実際、その後、ちょっとびっくりするようなことが起きています。

不思議なことは殆ど信じていない私ですが……奇跡的なことが

いろいろと。

空くんからのギフトなのかなと思って感謝していますが、

それでもそばにいて欲しかったです。

Img_0121

Img_0093

Img_0096

Img_0109

Img_0116

Img_0121

 

Img_2926

Img_0207

Img_0201

Wankoo

Pen3-004a

Img_0271

Img_7761

外で遊ぶのが大好きでした。

お散歩も、窓からお外を眺めるのも。

 

Img_7696

この写真は、旅立つ二日前の空くん。

😢

ヨレヨレした老犬になってからの空くんが今となっては一番愛しい。

空くんは臨済宗で送りました。

「空」という言葉との不思議なご縁を感じつつ。

49日まではそばにいてくれるみたいなので、

今も彼がいるような生活をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント (0)

«10月刊「身代わりアルファと奇跡の子 〜赤い薔薇と苺シロップ」