こちらは華藤えれなの公式ブログです

 

【近刊予定

【twitter

【作品ガイド】

【闘牛のページ

 

華藤 えれな ELENA KATOH

■サイト名  Elena Katoh Web oficial

■URL       http://www.elenakatoh.com/

お仕事のご依頼はメールにて。elenakatoh@gmail.com

BLメイン。

他に 、ラノベ、TL、文芸、書評、ルポ、シナリオ、説話、旅行記、闘牛評論等々のお仕事も経験有。

9月15日発売「寺嫁さんのおもてなし」

Tera

「寺嫁さんのおもてなし 和カフェであやかし癒します」

イラスト 加々見絵里先生 富士見L文庫(KADOKAWA)

疲れた時は和カフェにお立ち寄りください。“癒やし”あります。

前世の因縁で突然あやかしになった真白。人に戻る方法を探すため、龍の化身という僧侶・龍成の許嫁として生活することに。だがそこには助けを求めるあやかしが集まっており、あやかしに自分の境遇を重ねた真白は……

※コミコミスタジオさんでは、特典SSペーパーあります。

-------------------------------------------------------------------

9月15日発売の新刊の書影が出ていましたので、こちらにもお知らせを。

非BL。一般系です。北陸の古都・金沢を舞台にしたあやかしもの。

加々見先生が描いてくださった表紙のイラスト、本当に可愛くて、爽やかで、主役二人と子虎くんが生き生きとしていてとても嬉しいです。あ、ページがパツパツであとがきがないので、代わりに、こちらに少しだけあとがきに書く予定だったことを抜粋しました。ネタバレしないようにしていますので、制作秘話?代わりによかったら。

今回は、自分があやかしだったことにびっくりした女の子が、「あやかし愛され体質という変わり者で、一見、極道なお坊さん」の許嫁(仮)にされ、あやかしと人間とが共存する世界で、どうしたら幸せになれるのか、試行錯誤を重ねながら、おいしい和カフェを開こうとがんばるお話です(多分)。


あやかしものではメジャーな地元の京都ではなく、舞台を北陸にしたのは、前担当様のリクエストからです。プロットを考えていたのが二年半前で、北陸新幹線の開通もあって金沢ブームだったせいもありますが、曽祖母の出身地で、よく旅行に行っていたことや新たな目線で地元以外の土地を書いた方が新鮮で楽しそうということで挑戦させていただいた感じです。勢いのまま取材に行き、真白の目線だとどう見えるのか考えながら歩いてきました。

このお話を書くにあたり、この二年半、仏教の勉強会や写経会などに真面目に参加しておりましたが、わからないことがあるたび、懇切丁寧に教えてくださった某宗のHR師と西村義光師、またお二方の周囲の方々には言葉では言い表せないほどお世話になりました。書道については馨椒会の仁科恵椒先生に詳しく教えていただきました。皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

 

まあ、他にもあとがきに書こうかなと思っていたことがありましたが、それはまた今度。非BLですが、興味がありましたらよかったら読んでくださいね。どうぞよろしくお願いします。

2017年仕事リスト 随時更新

2017年予定 随時更新
◆1/10
文庫「甘い夜伽 愛の織り姫」イラスト 小椋ムク先生
 ディアプラス文庫 新書館
■2/7
文庫「獣王の貢ぎ嫁」イラスト 北沢きょう先生
 ビープリンス文庫 アスキーメディアワークス
■3/24
文庫「人魚姫の真珠〜海に誓う婚礼」イラスト 北沢きょう先生
 キャラ文庫 徳間書店
■4/23
文庫「黒豹王とツガイの蜜月」イラスト 黒田屑先生
 ダリア文庫 フロンティアワークス
■5/10
新書「死神狼の求婚譚〜愛しすぎる新婚の日々」 イラスト yoco先生
 クロスノベルス 笠倉出版社
clover
◆5/22
雑誌 小説キャラvol36
「白虎王の蜜月婚」 イラスト 高緒拾先生
 モスクワが舞台。ロシア正教の修道士と虎狩りをする捜査員。
 
cherryblossom
◾️9月15日
文庫「寺嫁さんのおもてなし 和カフェであやかし癒します」
イラスト 加々見絵里先生
富士見L文庫(KADOKAWA)  
◾️10月
「タイトル未定」
ロシアのサンクトペテルブルクが舞台。
 
◆Coming soon.....
(進行中のものです。増えたり減ったり変更したり……いろいろとあります)

ロシアとパリが舞台のオメガバース

スペインが舞台のお話

他にも新作の予定があります。随時更新していきます

ribbon

◆イベント予定

10月 J庭申し込み済


1月から5月までの作品紹介

リクエストがありましたので、一月から五月までの5冊と

雑誌分も含めてちょっと対比してみましたheart

作品対比

(カップリング、舞台、エロ度、地雷度、キーワード、私的こだわりポイント)

1月刊「甘い夜伽 愛の織り姫」

元職人のスパダリ風の一途な健気攻

            ×西陣織職人の健気薄幸受。

舞台:京都。

エロ:普通。

地雷:少なめ。

キーワード:和服、西陣織、京都の因習、誤解、すれ違い、京言葉。

私的ポイント:受の稚児姿。京都の美味しいもの。

2月刊「獣王の蜜ぎ嫁」

元貴族にして冥界の獅子王で超健気攻

          ×ケーキ作りが得意な健気薄幸受

舞台:アイルランドの湖水地方。

エロ:普通。

地雷:少なめ。受が数行だけ痛いめに。

キーワード:メルヘン風味。妖精の島。呪い。ふわふわな雰囲気。

私的ポイント:スペイン無敵艦隊の亡霊の出てくる中世晩餐会。

3月刊

「人魚姫の真珠~海に誓う婚礼」

アイルランド貴族で気立てのいいスパダリ攻

       ×超薄幸の人魚の子孫の真珠採りの少年受

舞台:アイルランドの海と島。

エロ:普通。

地雷:有。モ

キーワード:人魚姫をモチーフにした御伽話風。ちょっと痛い系。

私的ポイント:攻が婿になる。餌付け

4月刊

「黒豹王のツガイの蜜月~ハーレムの花嫁」

黒豹になれるアラブ風の王さま年下のデレ男攻

        ×理想に生きる生真面目な美人医師

舞台:北アフリカ+モロッコ風異世界。

エロ:多め(私の中では)。

地雷:なし。攻がちょっとご無体な感じで、盛っていますが。

キーワード:誤解、すれ違い。執着。獣とのイチャイチャ

私的ポイント:哺乳瓶でミルクを飲まされる攻。バクラヴァ。

5月刊

「死神狼の求婚譚~愛しすぎる新婚の日々」

死神と契約した狼王子・不思議系の健気デレ男攻

         ×優しくて繊細な日本人美人獣医師

舞台:チェコのプラハ

エロ:普通。初々しいです

地雷:なし。

キーワード:不思議系の純愛。天才。死神。メルヘン。かわいい。

私的ポイント:ひたすら攻がデレています。三つ子の狼の赤ちゃん。

5月雑誌「小説キャラ」

「白虎王の蜜月婚」

イラスト 高緒拾先生

舞台とキーワード以外の詳細は発売前に。

今回は挑戦系ではなく、地雷なしの王道切ない系ロマンスに

なっています。

舞台:モスクワとその周辺。

キーワード:もふもふ。ロシア正教。

死神狼の求婚譚〜愛しすぎる求婚の日々 発売されました

Ookami1a

「死神狼の求婚譚 愛しすぎる求婚の日々」

クロスノベルズ 笠倉出版社 イラスト yoco 先生
 
shine
公式サイトのお知らせページ → クロスノベルズblog
あらすじや試し読みはこちらからどうぞ 
 
shine
特典情報はこちら→ 笠倉出版社
SSは、アニメイト特典がちょっと困った攻のお話、書店特典が、お料理教室に通う攻のお話、小冊子は新居に二人で住むお話。いずれもネタバレしているのでご注意くださいね(o^^o)
それから発売記念に書泉グランデさんで、フェアやってくださっています。yoco先生の複製原画の展示、それからこれまでのペーパー等、いろいろとありますので、お近くにお越しの際はよかったらお立ち寄りくださいね。
 
 
shine
こちらからどうぞ → 書泉グランデさんのフェアページ
私もたまたま東京にいたので、担当様とのぞいてきましたよ。ご挨拶したあと、ポップにサインも書かせていただきました。こういうところにおうかがいするのは初めてなのでとても緊張しましたけれど。
そうそう、話しかけてくださるお客様もいらしてとても嬉しかったですshineshine 緊張のあまり挙動不審だったかもしれませんがsweat01
そして、書店の担当の方が書いてくださったポップがとても素敵で、本当に感動しましたよ。心から感謝ですheart04
許可いただきましたので、少しフェアの写真を。私以外のところは、念のため、モザイク入れておきました。
Image21_2
 
Fullsizerender_2
Image12
 
Image2_2

Image11_2

 









■狼のお話、3冊目になりますが、こちらから読んでいただいても大丈夫な感じになっています。勿論、1冊目から読んでいただいてもOKです。今回は、健気で一途な狼王子の攻、ラディクが頑張るのがメインのお話です。あまり事件性もなく、とにかくラディクの愛を中心にお話が進んでいくと思いますので、一緒に彼の愛を応援していただけましたら嬉しいです。個人的にとても気に入っているキャラなので、六月くらいになったら、SSでもアップしたいなーと思います。
 
crown
五月は、このあとキャラさんの雑誌に新作が乗ります。こちらは、一見、聖人のような訳あり攻と、男前受のロシアが舞台のお話です。また近くなったらおしらせしますね。

«4月刊「黒豹王とツガイの蜜月〜ハーレムの花嫁」発売されました