こちらは華藤えれなの公式ブログです

 

【近刊予定】

【twitter

【作品ガイド】

【闘牛のページ

 

華藤 えれな ELENA KATOH

■サイト名  Elena Katoh Web oficial

■URL       http://www.elenakatoh.com/

お仕事のご依頼はメールにて。elenakatoh@gmail.com

BLメイン。ラノベ、TL、文芸、書評、ルポ、シナリオ、説話、旅行記、闘牛評論等々のお仕事も経験有。

2018年お仕事リスト

◆新書🇷🇺
1月10日発売
「オメガ 愛の暴君」
クロスノベルス 笠倉出版社
イラスト 駒城ミチヲ先生
 
◆雑誌 🇮🇪
1月22日発売
「Chara selection」2018年3月号
「人魚姫の真珠」
漫画 北沢きょう先生 コミカライズです
 
◆文庫🇷🇺
Byakko
2月27日発売
「白虎王の蜜月婚」
キャラ文庫 徳間書店
イラスト 高緒拾先生
 
◆文庫🇯🇵
Teta2
3月15日発売
「寺嫁さんのおもてなし二 
  あやかし和カフェで、ご縁結びます」
イラスト 加々見絵里先生
2巻も重版決定しました。
1巻も同時に二度目の重版です。
ありがとうございます
 
-------------------------------------
🐲🐉
◆新書🇭🇺
Ryu_3
5月10日発売
「竜伯爵の花嫁選び」
 クロスノベルス 笠倉出版社
 イラスト yoco先生
ハンガリーが舞台のファンタジーです。
--------------------------------------
 
🐃♉︎文庫🐂
Image_viewerphp_3
「情熱の国で溺愛されて」
 
6月9日発売 
ディアプラス文庫
イラスト えすとえむ先生
雑誌掲載分「恋するマタドール」「Love & Horse」
書き下ろし「情熱の国で溺愛されて」
 
📖
■文庫🇬🇧
Kinji_3
7月24日発売予定
「禁じられたアルファの子 誓いのはちみつマドレーヌ」
 シャレード文庫(二見書房)
イラスト 八千代ハル先生
スコットランドが舞台のオメガバース
◆文庫
Tera3
「寺嫁さんのおもてなし 三 あやかし和カフェで祝言あげます」
イラスト 加々美絵里先生 富士見L文庫(カドカワ)
寺嫁さんシリーズ3巻。
■雑誌🇷🇺
9月20日発売予定
小説ディアプラス秋号 両片思い特集
「背徳のオメガ ロシア宮廷秘話」
イラスト ミキライカ先生 ロシアが舞台のオメガバース
 
Coming soon.....
(進行中のものです。増えたり減ったり変更したり……いろいろとあります)

・ラテンが舞台のお話

・切ない系のお話

「神に弄ばれた恋」「シナプスの柩」「弔いの古城」等々電子化準備中。

✨✨ 随時更新

「シナプスの柩」1と2 電子化✨

リクエストの多かった「シナプスの柩」が電子書籍になりました。遅くなったのにはいろいろな事情があるのですが、最終的に、書き直すかどうするか私が悩んでいたのもあり、ますます遅くなってしまった感じです。

デビュー前に書いたお話がベースになっているのでものすごく拙いし、ものすごく読みにくいかもしれませんが、当時の勢いを消さないため、そのままで出すことにしました。

なので、時代的にちょっと古いかもしれませんが、イメージ的には 2000年から2006年くらいの日本のイメージで読んでいただけたら嬉しいです。どうかよろしくお願いします(*^^*)

1_3

 
2  
 
 
💿ドラマCDも出ています。ネットで聞くことができます。
1a
2a
出演
桐嶋水斗:野島健児さん
樋口洋一郎: 小西克幸さん
海堂一臣: 千葉一伸さん
🐠
✨すごくすごく素敵な音の世界になっているので、よかったらぜひ💕
🐠
 
 
🎄⛄️🎅🎄🎂☃️🎄
そしてこちらがスピンオフ。本編の舞台は北海道ですが、こちらはベルリンが舞台。海堂という医師が主役のお話。
Photo
さらにそのスピンオフ。
こちらは「あなたは僕を愛していない」と少しだけ世界観が被っている感じ。お話は全く違いますし、キャラクターもあまり被っていないのですが、本編とテーマの奥底でつながっているのでよかったら……。
舞台は、パリとサラエボ。こちらも私がデビュー前に作ったネタが元になっています。
Photo_2
snowxmas
 
☃️裏話いろいろ❄️
「シナプスの柩」電子化にあたり、裏話を簡単に。
・最初に書いたのは1994から1995年です。「シナプスの柩」のお話を思いつくちょっと前に「あなたは僕を愛していない」のウィーン時代のエピソード、「地下室のワルツ」のサラエボ時代のプロットも作っていました。
・「あなたは僕を愛していない」と「地下室のワルツ」のネタを作ったきっかけは、当時、私が短期語学留学でウィーンの学校に通っていた時がちょうどボスニア紛争の頃で、現地から毎週通っている人たちや他の欧州の人たちの考え方や生き方に触れたからです。私が感じたことや見聞きしたことをそのまま書いてはいませんが、登場人物の視線や生き方、考え方を通した形に変容させ、当時、感じたことを作中に織り込みました。
この辺りの経験が私の創作の原点になっているのかもしれません。
・そのネタを考えていたとき、医学部や解剖学博物館に行くこともあり、そこを歩いている時に思いついたのが「シナプスの柩」で、ものすごく書きたい情熱🔥がこみ上げ、ウィーンに残るのをやめて帰国し、そのまま一気に書き上げて某文学賞に投稿しました。その時、同時かちょっと後に作った話を「エクリプス新人賞」に送り、これがデビューのきっかけとなりました。これは実は「罪深き吐息さえも愛おしく」の元になったお話です。
シリアスすぎるので発表をやめ、CAの友人から聞いた話などをベースにして新たに作ったのが「彼からのスペシャルレッスン」でした^^;
投稿作では舞台は中東だったのですが、それを沖縄の離島に変えて書き直したのが「罪深き吐息〜」です。なので、実は作品の世界観が端っこの方でつながっていますw   こちら→「罪深き吐息さえも愛おしく」
あ、文学賞は、二回連続、2200人中20人くらいには残ったのですが、受賞には至らず。
・エクリプスでのデビューが決まり、PNを考えなくてはいけなくなり、それなら、その気持ちを忘れないように、デビューへの勢いのきっかけとなったウィーン留学の、さらにきっかけとなったロシア人バレエダンサー(彼のバレエがあまりにも美しくて、それを見たくて、語学留学という形でウィーンに行きました)につけてもらおうと思い、「えれな」という名をいただきました。
もうご本人は忘れているかもしれませんが、今もその気持ちを忘れず大切に使っております☺️
・そのバレエダンサーを好きになったきっかけは、交通事故で右足の靭帯を二本切ってしまったことです。細々とフィギュアスケートをしていた私にとって、靭帯二本切断の事実は、実質的にスケートが2度とできない宣告であり、ものすごいショックだったんですよね。別に選手になるつもりもなかったのですけど、ジャンプとスピンの技術だけは保とうと思って、大学生になり、個人レッスンはしてませんでしたが、一ヶ月に何度かスケートリンクに通ってジャンプ力をキープしていたのです。なので超ショックだったのです。そんなとき、ふと美しいものを見に行きたくなり、チケットを取って見に行ったのが、まだ二十代前半か半ばくらいだった頃のマラーホフのバレエでした。そして彼のバレエをもっと見たいという要求が初めての海外旅行につながり、ツアーでは見られなかったので仕方なく個人旅行したのです。それがその後、バックパッカーになったり、スペインに行くきっかけにもなったのでした。
・電子化にあたり、そんなデビュー前のあれこれをちょっと思い出していました。事故で怪我をして靭帯を切って辛かったことも、今となればその後の楽しいことや素敵な出会い、さらには今の自分の人生を良い方向へと導くきっかけになったので、もうすっかり忘れていたのですが、まあ、過ぎてみれば全てが懐かしい記憶ですね。

2018年秋のJ庭

秋のJ庭についての詳細です。

急いで作ったので見た目が微妙ですが、お品書き用意しました。
2018j_4
⬆️クリックすると大きくなります。
flair※上記に写真をアップしていない既刊同人誌で、欲しいものがありましたらご連絡ください。在庫僅少なので、予約制にしています。
 
下記のサイトにも載っています。下の方にいます。
※通販については後日改めて。今までちょっと形が変わることになったので、もう少しお待ちくださいね。
新たにフロマージュさんでお世話になることになりましたが、コミコミスタジオさんでも引き続きお取り扱いしていただく予定です。
【搬入物の詳細】
✨新刊
2018officeek2a1
「Happy Family Time」P92/2段組/1,000円
 「禁じられたアルファの子 〜誓いのはちみつマドレーヌ」書き下ろし後日談
📘既刊4種
2018elenak34a
「愛の暴走」P60/2段組/600円
 「オメガ 愛の暴君」の書き下ろし後日談
  巻末SSおまけロシアつながりで「エルミタージュ」10年後
 
 
201735aa
📙「愛され蜜月旅行」P100/2段組と3段組/1,000円
  20周年記念にいろんな作品のSSを集めました。
◎書き下ろし
「甘い夜伽 愛の織り姫」「獣王の貢ぎ嫁」「ジャガー神の愛妻教育」
「硝子のギムナジウム」「虎王の妻恋い婚」「愛される狼王の花嫁」
◎再録、加筆修正
「銀狼の婚淫」「スレイヴァーズ」「黒豹の帝王と砂漠の生贄」
「花蝕の淫〜狂おしく夜は満ちて」
 
2015elenakatohab_3
📗「ある日の柊一と冴木」P116/3段組/1,000円
 スレイヴァーズシリーズの同人誌用の後日談書き下ろし作品を全て再録しました
 
 
2016_koneko
📕「仔猫のマリアージュ」P60/3段組/500円
 フリージングアイ同人誌作品の再録。スレイヴァーズSS書き下ろし。

雑誌「小説ディアプラス」アキ号

「小説ディアプラス」アキ号に掲載中です。
Cover_ndearplus_01_2
↑表紙の画像が少し載っています。
 
💖👑

「背徳のオメガ ロシア宮廷秘話」

ill. ミキライカ先生
18世紀ロシア宮廷風の世界が舞台のオメガバースです。
オメガでありながらアルファのふりをして生きる皇太子エリクと、その秘密を知りながら彼の体の相手をする従者ニコライの切ない両片思いというのがテーマのお話。
エリクは内気な健気っこ。でも誇りは高い感じの受です。ニコライは鉄面皮の無表情ツンデレ溺愛攻。
✨ 
楽しく書いたのでよかったら読んでくださいね✨
そしてそして、ミキライカ先生のイラストが本当に美しくて素敵なのでぜひご覧になってください!!!✨💖
 
2018.9.22発売 
🏰☃️
❄️💍
⚔🛏
📸
 
お話の舞台のイメージモデルにしたサンクトペテルブルクの秋の写真の一部。昨年ツイッターでアップしたものですが。秋に行った時のものです。
24g_2
ミハイロフスキー公園
24v
ネフスキー通りから見えた建物
24k
ミハイロフスキー公園
Sanas
ネフスキー通りから見た血の上救世主教会
24hre
ミハイロフスキー公園側から見た血の上救世主教会
V1a
ボルシチ
Nsan1_2
夜のネフスキー通り
24h
ミハイロフスキー公園
24z
エルミタージュ美術館
Kaz1_2
イサク大聖堂
Nsa2a
夜のネフスキー通り
Gomo2
アレクサンドリンスキー劇場
Red3
エイフマン・バレエ「レッドジゼル」
Refd7
エイフマン・バレエ「レッドジゼル」
Karam1
エイフマン・バレエ「Beyond Sin」@カラマーゾフの兄弟
Eifman12
振付家のボリス・エイフマン
San1a
ロシア美術館前にいた軍の学生さん
San3
ロシア美術館前
Li1
ロシア美術館ライオン
Mary13
マリインスキー劇場
Maryp1_2
マリインスキー劇場
Maryz
マリインスキー・バレエ「愛の伝説」
Dos89
「罪と罰」に出てくるモイカ運河
Dos6
「罪と罰」のラスコリニコフの家。最上階
Dos2
ラスコリニコフの家の下にあるドストエフスキー像
29a
イサク大聖堂
Cha3_2
ウラジミルスキー寺院
Ma12s

夜のマネジュニガーデン
 
 
Vo2a
よく行くレストラン
 
🌹
🌺
🇷🇺⛸⛸おまけ・モスクワにて⛸⛸🇷🇺
10211
メガスポルトアイスアリーナの氷
M3a_
メガスポルトアイスアリーナ全体像
P2
メガスポルトアイスアリーナ。プーさん達
1020d  
プーさん@本物
2021a
メガスポルトアイスアリーナの得点電子掲示板
La1
練習風景
Layu14
練習風景
1020g1
練習風景
Yu20f
六分間練習
Yuzud
本番後
Yu2ws
表彰式

寺嫁さんのおもてなし 三 あやかし和カフェで祝言あげます

Tera3

富士見L文庫 KADOKAWA
イラスト 加々見絵里先生
公式あらすじ
ついに明かされるそれぞれの過去! 真白と龍成を結び付けた縁とは!?
真白が僧侶・龍成の許嫁(仮)として和カフェを始めて1年。
二人の間に結婚話が持ち上がった。
突然の話にも龍成は断らず、戸惑う真白の気持ちだけを置いてけぼりに、準備は進んでいく。
同じころ、書道家の蓉子や能楽の若宗家など和カフェの常連が次々と事故に遭い、あやかしから真白をかばった龍成まで倒れてしまう。
龍成を助けるため、真白が下した決断とは?
「これが運命なら、また会えるはず。遠い未来のどこかで」
かりそめの寺嫁生活第3弾は、春を寿ぐあやかし和カフェのおもてなし 
 

🌸
🎎
🍑🌊❄️🍡
🍣
🍚
🍱
 
寺嫁さんシリーズの3巻です。今回は、あやかしさんたちの祝言の準備をしているところに、真白と龍成たちの祝言の話も出て……という感じでお話が進んでいきます 
🎎
特典SSペーパーはコミコミスタジオさんで→コミコミスタジオ
 
このシリーズ、加々見先生の可愛くて素敵な表紙と今の時流とがうまく結びついたおかげなのですが、一巻三刷、二巻も二刷という、とても嬉しい結果になっています。 そしてそして、ありがたいことに感想もよくいただき、いろんなキャラクターを楽しんでいただいているのがわかって喜んでおります。
お手にとってくださった方、本当に本当にありがとうございますm(_ _)m
 
各巻とも読み切りになっていて、力不足ながら、BL同様に、ほっこり、にっこり、幸せな気持ちになっていただけるラストを目指して書いているので、読後にそうした感覚になっていただけていたらそれに勝る喜びはありません。
このお話は、三巻を通して、私のわりと身近な世界に触れています。
三巻では、実家の仕事関係でご縁のあった西陣織、祖母とご縁のあったフィンランドという国を始め、本当にいろいろと。細かなことは割愛しますが。
あ、お話に出てくるお料理は、簡単、時短、ハレの日ではなくケの日の料理というのがテーマになっているので、ちゃんとしたレシピも何もなく、私のような人間がテキトーに手早く作れそうなものしか出てきません。
今回出てくるとうもろこし粥とチラシ寿司もそんな感じ。
三巻のテーマは、祝言💟を通して、家族の姿や愛情について主人公の真白が考えていく中で、おもてなしとは何か、あやかしもどきの自分をどう思うか、そして龍成とどう生きていきたいのか……という答えを手探りで見つけていく感じになっています。
真白と龍成、真白と祖母、龍成と母親、それからゲストキャラの家族の形等に加えて、龍成がお坊さんなので、生老病死、千手観音、善悪不二、前世や輪廻等々、仏教的なことが、身近な日常の出来事と絡みながら出てくるところもあります。そのへんも一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。
 
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

«禁じられたアルファの子 ~誓いのはちみつマドレーヌ~ (二見書房 シャレード文庫)